Googleマップと共有すれば
交通費精算がラクに

 移動の多い営業マンは、Googleマップとカレンダーを連携させると便利だという。

「Googleマップで検索した経路をそのまま、カレンダーに落とし込むことができます。検索した経路をいちいちスクリーンショットに撮って、確認し直すよりも、カレンダーに落とし込んだほうがずっと楽です。カレンダーを見れば、何月何日の何時に、どのルートで移動して、交通費がいくらだったかが、後からでもひと目でわかります」

 仕事で交通費を計算しなければならないという場面で、過去にさかのぼって、経路を再検索している人もいるはず。しかし、Googleマップとカレンダーを連携させれば、その手間がなくなるのだ。ただし、アプリによって連携できるかどうかは変わるため、自分のスマートフォンが対応しているかどうかの確認が必要だ。

 そして、自分で設定したタスクを管理するのに便利なのが、「ゴール」の機能。

「マラソン大会に向けてトレーニングするなど、目標のあるタスク管理に『ゴール』が役立ちます。本番から逆算して、自動でスケジュールが組み込まれるという仕組みです。タスクが完了したかどうかの通知が毎回来るので、自分へのプレッシャーにもなります」

 時間帯や頻度など細かく設定でき、スポーツのみならず資格の勉強や家事など、さまざまな用途に使うことができるのもポイントだ。