世界的に多大な影響を与え、数千年に渡って今なお読み継がれている古典的名著たち。そこには、現代の悩みや疑問にも通ずる、普遍的な答えが記されています。しかし、そのような本はとんでもなく難解で、一冊しっかりと理解するには何年もかかるものもあります。本連載では『読破できない難解な本がわかる本』(富増章成著)から、それらの難解な名著のエッセンスを極めてわかりやすくお伝えしていきます。(イラスト:大野文彰)

「神は死んだ」とはすべてが無価値化したという意味

 この書は、ニーチェの分身ツァラトゥストラが、「神の死」「ニヒリズム」「超人」などの思想を伝えるストーリー形式になっています。神とは、キリスト教の神を意味していると同時に、あらゆる彼岸的(神・イデア)な諸価値と理想の全体を意味しています。

 ツァラトゥストラが「神が死んだ」と人々に伝えるということは、今までのすべての最高の諸価値、すなわち真、善、美がその力を失って、現実と理想という図式が崩壊することを意味します(真実がどこかにあるという神話が崩壊するということ)。

 そうなると最高の価値根拠と目指すべきものがないわけですから、私たちの「なぜ生きているのか?」「何に向かって生きているのか?」という人生最大の問題についての答えがなくなってしまうのです。

 「なぜ、世界と人間は存在するのか? それらはいかなる意味や価値をもつのか?」というような形而上学的な疑問のすべてが無意味となります(これをニヒリズムといいます)。

 ストーリーの最初では、ツァラトゥストラが、「神の死」を告げて、人々に無意味な現実と向き合うように示唆しますが、なかなか受け入れてもらえません。また、「隣人愛」はキリスト教の価値観でしたが、これは偽りの態度であり、隣人に対する愛ではなく、未来に出現する超人への「遠人愛」について説きます。これも人々はわかってくれません。

 実際に、当時はニーチェの哲学を、世間の人は誰も理解してくれませんでした。

 失望したツァラトゥストラは山にもどったり下ったりと、「神の死」という事実を布教するために様々な努力をするのです。