ソフトバンク傘下のフォートレスは低家賃住宅に10億ドルを投資して日本の不動産業界を揺るがしている。その背景には外国人入居者の存在がある。