Photo by Yasuhisa Tajima

地方銀行最大手の横浜銀行と千葉銀行が業務提携することが、ダイヤモンド編集部の取材で分かった。これまで地銀の再編はあったものの、そのほとんどが“救済型”で、トップ行同士が手を結ぶのは極めて珍しい。特に両行は、以前から“犬猿の仲”と言われるほど。プレミアム特集「横浜銀行 起死回生の狼煙」第1回は、両行が手を結んだ背景を探る。(ダイヤモンド編集部編集委員 田島靖久)

横浜銀と千葉銀が
業務提携の基本合意へ

 横浜銀行と千葉銀行が、業務提携の基本合意に至った。その名も「千葉・横浜パートナーシップ」。両行は、今日7月10日に取締役会を開催して決議し、発表する予定にしている。

 具体的には、法人部門において、M&Aや事業承継、ビジネスマッチングなど、顧客ニーズのマッチングを始め、シンジケートローンの組成、そして顧客の海外進出支援における海外拠点の相互活用などを想定している。

 個人部門においては、相続関連業務やデータベース・マーケティングなどにおいて両行の機能を共同利用することを想定。その他、行員のスキルアップやモチベーションの向上に向けた研修やセミナーを共同で開催するなど、人材育成の分野でも連携するとしている。