プロであれば
パフォーマンスで評価されるべき

 本場所の取り組みでけがをしたことには同情を禁じ得ないが、歯に衣を着せずに言えば、本場所のけがであろうが、巡業中のけがであろうが、はたまた、プライベートな時間でのけがであろうが、休場してパフォーマンスを全く発揮できていないということには変わりがない。

 さらに言えば、パフォーマンスを発揮したかどうかという点では、出場して負けることよりも劣ると言わざるを得ない。負けた力士は土俵上で、負けたとはいえパフォーマンスを発揮している。そして、勝ち力士を生み、大相撲の果たす役割に貢献している。しかし、休場力士は、そもそもパフォーマンスを測る土俵にさえ上がっていないのだから、その場所では何ら貢献していないのだ。

 それを、本場所の取り組みのけがが理由であるからといって、次の場所は全休でも番付を下げないということは、負けてもパフォーマンスを発揮して貢献した力士に対して、筋が通らない、本末転倒な話だと言いたい。

 このように言うと、「プロといえども、けがという例外的な事態に対しては、制度として配慮すべきではないか」という意見に接することがある。しかし、私は、プロであればこそ、出場していたかどうかと、その結果のみで判定すべきだと考えている。加えて、プロでなかったとしても、公傷制度の類いには反対だ。