部長の「愛あるイジり」に疲弊する部下、パワハラのNGラインはどこか
部下や同僚をイジって楽しんでいる幼稚な人はいないだろうか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

社員の馬場は営業部に異動して以来、部長からイジられていた。ある日の営業会議で部長から「チームメンバーの覇気がない」と叱責され、ついに馬場はキレてしまう。その後、人事部の宮本に部長のパワハラ問題について相談する。事態を重く見た宮本は部長にヒアリングをするも、部長は態度を改めようとしない。その晩、部長が不機嫌な表情で帰宅すると、心配した妻は…。(特定社会保険労務士 石川弘子)

S社 概要
首都圏にある従業員数300名ほどの特殊素材を扱う商社。体育会系の社風で上下関係は厳しい。長時間労働がはびこるトップダウン型の組織で、パワハラも常態化している。最近は働き方改革の影響を受けて、長時間労働の改善に努めようとしている。

登場人物
本島部長:40代後半のジャイアン気質な男性営業部長。パワハラまがいの言動のせいで、この部長の下に配属された社員の離職率は高い。
馬場大輔:30代半ばの男性営業社員。2年ほど前に営業部に異動となり、真面目な仕事ぶりが評価され、リーダーに昇格した。鉄道マニアで女性と話すのが苦手な独身。本島部長に「馬場大輔」のイニシャルと「デブでブサイク」をかけて「DB」とあだ名を付けられている。
宮本由美:30代後半の人事部女性社員。長時間労働やハラスメントが常態化しているため、職場の環境を変えようと奮闘中。主にハラスメント相談を担当している。

上司のイジりに
ストレスをためる部下

「おい、DB!何でお前がリーダーなんだよ!」

 本島部長は、馬場の席の前に立つと、ヘラヘラと笑いながらそう告げた。リーダーに昇格したばかりの馬場は、緊張して声が上ずった。

「何でって言われても…」