価値観の近い人が
8割いるとうまくいく

 ちなみに採用やチーム編成に際しては、「価値観が似通った人を8割くらい採用・起用する」ことをひとつの目安にするといいでしょう。

 不一致の人が2割程度なら、歩み寄りながら仕事を進めることができます。

 前回お話しした「遅刻しそうなとき」の例でいうと、たとえば「真っ先に連絡する」ことをよしとするチームの場合。

「1秒でも早く着くようにする」という人が2割いても、その人たちに「君の考えはわかった。ただ、○○さんはかなり心配性だから、まず連絡しておくのがいいんじゃないかな」と相談しつつ決めていけます。

 これが5割ぐらいになると、話し合わなくてはならない場面が多すぎて仕事が進んでいきません。8割ぐらい一致していれば、各々のメンバーがある程度自由に動いても、スムーズに仕事をこなしていくことができるのです。

 といっても、実際には中間管理職の人など、一緒に働く部下を選べない人も多いかと思います。私自身、新卒で入った会社でプレイングマネジャーをしていたときには、自由に部下を選べず非常に苦労しました。

 しかし、その場合でも、「部下と自分のモラル感覚は違う」という意識を持ち、それを踏まえてマネジメントすることで、チームを変えていくことはできます。モラル感覚が違う相手にも伝わるような適切な指示を出すことが大切なのです。

 したがって、「すぐやるチーム」にするために必要なのは、「モラル感覚の近いメンバーを集める」ことと、「モラル感覚の違いを意識してマネジメントする」ことになります。