ボルボV60クロスカントリーT5・AWDプロ
ボルボV60クロスカントリーT5・AWDプロ クロスカントリーはベース車のV60比で70mm高い全高と樹脂製フェンダーエクステンションが特徴 駆動方式は電子制御4WD 優れた悪路走破性の持ち主 最低地上高は210mm 価格:8SAT 649万円 Photo by Akihiko Kokubo

新たなクロスオーバーモデル
エクステンション付きフェンダーの採用

 ボルボV60クロスカントリーは、新たなクロスオーバーモデル。日本車でいまや“空白地帯”になりつつあるステーションワゴンのジャンルに入るニューカマーだ。

 エクステンション付きフェンダーの採用など、“クロスカントリー”の名称にふさわしいSUVテイストを加えたボディのスリーサイズは4785×1895×1505mm。ベースモデルのV60に対して全長が25mm長く、全幅は45mmワイド。全高は70mm高い。一般的なタワーパーキングに収まる全高設定は、「日本の駐車場事情も考慮した」と伝えられる。

 最低地上高は210mmを確保。4WDシステムの採用と相まって、“しっかりとしたオフロード性能を持つ”実力は明らかだ。

 試乗車は、ファインナッパレザーシートやドリフトウッドパネル、プレミアムサウンドオーディオシステムを標準装備した上級グレードのT5・AWDプロ。タイヤサイズは235/45R19。標準仕様の215/55R18よりファットだ。