ここ数日で俄然、人気が急上昇、大フィーバーも予想されるのが、女子ゴルフだ。今回は3日目のチケットが売り出されている。全英オープンの前までなら、「3日目か……」という印象だったが、渋野日向子フィーバーが起こったいまとなっては「3日目でもいいからスマイル・シンデレラを見たい!」というファンが急増しているだろう。しかも7000円は安い! きっとかなりの倍率になるだろう。

穴場のおすすめ競技は
フェンシング、カヌー、マラソン

 上記の種目ほど一般の人気は高くないが、スリリングで面白い競技、オリンピックらしい気分を味わえる競技、といった観点からおすすめなのは、

・カヌー スプリント
・馬術 馬場馬術
・フェンシング
・近代五種
・自転車競技 マウンテンバイク 女子クロスカントリー
 など

 フェンシングは女子エペ団体決勝のセッションが販売されている。日本女子は6月のアジア選手権では4位にとどまり、メダルにはまだ少し距離がある。が、日本女子の快進撃を祈りつつ、全競技の中でもひときわ「見やすい演出」に力を入れ、電子技術が駆使されているフェンシングを見に行く選択もあっていいだろう。

 カヌーのスプリントは、男子カヤック・シングル決勝、女子カナディアン・シングルなどの決勝種目が組まれているので興味津々だが、リオ五輪銅メダリストの羽根田卓也選手の出場種目は入っていないから、そこは納得して申し込む必要がある。

 陸上競技のマラソンも、楽しめるチケットかもしれない。マラソンは沿道に行けばタダで見られるというが、人気のポイントなどは大勢のファンが徹夜同然で陣取ることも予想される。最前列は大勢の人で埋まり、前の人の頭しか見えない状況になる可能性も。それを考えたら、競技場に席を取り、スタートとゴールを目の前で見る。途中経過は場内のビジョンで見られるだろうから、それがやはりいちばん臨場感のある席かもしれない。