夏本番を迎えると、強く降り注ぐ日差しや頭皮から吹き出す汗で、髪の毛は予想以上のダメージを負ってしまうもの。こうした夏特有のダメージをきちんと対処せずに放っておくと、薄毛や抜け毛の原因、さらには悪臭の元になりかねないという。株式会社Eight&Rの代表取締役で、美容メディア「美容ノート」の運営も行っている美容師の竹村一八氏に、髪のために気をつけるべきこと、ケア方法などを聞いた。(清談社 ますだポム子)

紫外線による光老化が
薄毛・抜け毛の原因に!

薄毛の人は紫外線に注意すべきです
頭皮の光老化は薄毛の大きな原因である(写真はイメージです) Photo:PIXTA

 ここ数年猛暑が続き、女性のみならず男性にも、紫外線対策やクーラーによる乾燥対策に取り組む人が増えてきた。しかし、露出している肌ばかりに目を向け、つい忘れがちになってしまうのが頭皮だ。「髪の毛に覆われているし、焼けない、乾燥しない」と思い込んで対策を怠ると、取り返しのつかないことになってしまうという。

「とくに注意してほしいのが紫外線です。肌や頭皮の老化には、紫外線による“光老化”が大きく関わっているため、紫外線を浴びて頭皮の光老化が進行すると、頭皮が硬くなり、血行不良になってしまいます。血行の悪い頭皮では、新しく生えてくる髪の毛も、細く、パサつきやすく、ツヤのない髪になってしまうのです」

 髪が生えてくる土壌の状態が悪くなることで、次第に元気のない髪の毛しか生えてこなくなり、薄毛や抜け毛、さらには頭皮からの加齢臭も引き起こしてしまうという。紫外線を浴びた直後から影響が出るわけではないが、長年にわたってダメージを蓄積するとこうしたトラブルを起こすリスクは高まるため、予防意識を高く持つことが重要なのだ。

「手軽にできるケアとしては、髪の毛用のUVカットスプレーを使う、帽子を着用する、などが挙げられます。『髪の毛や頭皮に日焼け止めなんて、負担が大きそう…』というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、紫外線を浴びる負担に比べたら微々たるものですよ。実際に私が担当しているお客さまのなかに、日焼け止めスプレーで髪や頭皮が荒れたという声は聞いたことがありません」