肥満と難聴の関係性肥満と聴力には関係があるようです Photo:PIXTA

肥満があると聴力低下リスクが高まる?
約5万人の日本人会社員を調査

 肥満があると聴力が低下するリスクが高まる可能性があることが、国内12企業に勤める約5万人の会社員を最長8年間追跡した観察研究から明らかになった。研究の詳細は、国立国際医療研究センター臨床研究センター疫学・予防研究部の胡歓歓氏らの研究グループが「Clinical Nutrition」3月27日オンライン版に発表した。

 肥満は聴力低下と関連する可能性が示唆されているが、これらの関連を聴力測定データに基づいて分析した大規模なコホート研究はほとんど行われていなかった。また、代謝異常を伴う「不健康な肥満」と代謝異常を伴わない「健康的な肥満」による聴力低下への影響の差についても明らかになっていなかった。

 そこで、研究グループは今回、12の企業で働く約10万人の会社員を対象に行われている職域多施設研究(Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study;J-ECOHスタディ)のデータを用いて、肥満と聴力低下との関連を調べる観察研究を実施した。

 対象は、ベースライン(2008~2011年度)の職域定期健診で聴力が正常であった20~64歳の会社員4万8549人。肥満の程度によって対象者を3つのグループに分けた上で、追跡期間中に受けた純音聴覚検査によって判明した聴力低下との関連を調べた。その結果、肥満がある人では聴力低下のリスクが高まることが分かった。

 肥満のない人(BMI 25kg/m2未満)と比べた低音域(1000Hz)の聴力低下リスクは、BMIが25 kg/m2以上30 kg/m2未満の肥満者では1.21倍、BMIが30kg/m2以上の肥満者では1.66倍であった。低音域ほど強い関連ではなかったものの、高音域(4000Hz)でも同様の傾向がみられた。