歯の喪失
歯のケア、きちんとできていますか? Photo:PIXTA

「喫煙、糖尿病、骨粗鬆症」で歯の喪失リスク増
教育歴や職歴なども関連、富山大

 日本人の高齢者では、喫煙習慣と糖尿病、骨粗鬆症が歯を喪失するリスク因子である可能性があると、敦賀市立看護大学(福井県)の中堀伸枝氏と富山大学教授の関根道和氏らの研究グループが「BMC Public Health」6月4日オンライン版に発表した。富山県の高齢者を対象に実施した症例対照研究では、歯の喪失には、短い教育歴と肉体労働の職歴といった社会経済的因子が関連することも示されたという。

 歯周病などの口腔衛生と食生活や喫煙などの生活習慣は、高齢者が歯を喪失するリスクを高めることが報告されている。しかし、日本人の高齢者を対象に、社会経済的因子と残存歯の関連を調べた研究は限られていた。そこで、関根氏らは今回、2014年に実施された「富山県認知症高齢者実態調査」のデータを用い、残存歯の有無と教育歴や生活習慣病などとの関連を調べた。

 同調査は、同県在住の65歳以上の高齢者1537人を無作為に抽出し、同意が得られた1303人(回答率84.8%)を対象としたもの。今回の研究では、歯を完全に喪失した275人と残存歯がある898人(対照群)の計1173人を対象に分析した。