起きている時間の大半が仕事に費やす時間なわけだから、自分の仕事に意味が感じられないのが問題なのだということになる。

どうしたら仕事生活を
意味づけられるか

 意味を見失った状態では、どうしても仕事に前向きに取り込む気持ちになれない。では、どうしたら自分の日常を、日々の仕事生活を意味づけることができるのだろうか――。そのような相談を受けることがあるが、仕事生活の意味づけの仕方には色々ある。

 自分が担当している仕事が社内でどのように必要とされ、どのように貢献できているかを確認することで、仕事生活に意味を感じることができ、前向きになれたという人もいる。

 自分の会社の製品やサービスが人々の生活にどのように役立っているのかを改めて確認することで、仕事生活に意味を感じることができ、前向きになれたという人もいる。

 仕事に必死に向き合い、苦しいながらも頑張ることが充実感につながっていたということに気づき、それがこの仕事をする自分にとっての意味だと感じ、前向きになれたという人もいる。

 仕事そのものに意味を感じるというわけでなく、稼ぐことで家族の生活を支えるのがこの仕事をする意味だと思って前向きになれたという人や、対価として与えられる収入のお陰で自分の趣味を思う存分楽しめることがこの仕事をする意味だと思って、前向きになれたという人もいる。

 自分の場合はどうなのか。それを考えるだけでも時間が充実してくるはずだ。