Photo:PIXTA

特集タイトル「銀行・証券断末魔」!
バブル崩壊時を上回るインパクト

 現在発売中の「週刊ダイヤモンド」(10月5日号)のメイン特集は「銀行・証券断末魔」だ。表紙に大きな文字で特集タイトルが並び、やや小さな文字で「全国地銀105行余命ランキング」「付き合いたくない銀行・証券ランキング」と並ぶので、相当のインパクトだ。

 記憶が正確ではないかもしれないが、1990年代のバブル崩壊のころでも、ここまで金融業界の先行きにネガティブな表紙はなかったのではないか。

 バブル崩壊のころほど切迫して危ない金融機関は現在ないかもしれない。しかし、金融機関のビジネスの先行きは、あのころよりも見通しが暗いのではないだろうか。