ベストセラー『教養としてのワイン』の著者であり、世界的なオークションハウス「クリスティーズ」のニューヨーク支社にてアジア人初のワインスペシャリストとして活躍した渡辺順子氏。彼女の新刊『高いワイン』(ダイヤモンド社)が先日刊行となった。今回は、数々の一流ワインをオールカラーで解説した本書から抜粋する形で、アカデミー賞受賞映画「サイドウェイ」に登場したことでも話題となった「シュヴァルブラン」について紹介します。

渡辺順子(わたなべ・じゅんこ)
プレミアムワイン代表取締役。1990年代に渡米。1本のプレミアムワインとの出合いをきっかけに、ワインの世界に足を踏み入れる。フランスへのワイン留学を経て、2001年から大手オークションハウス「クリスティーズ」のワイン部門に入社。NYのクリスティーズで、アジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009年に同社を退社。現在は帰国し、プレミアムワイン株式会社の代表として、欧米のワインオークション文化を日本に広める傍ら、アジア地域における富裕層や弁護士向けのワインセミナーも開催している。2016年には、ニューヨーク、香港を拠点とする老舗のワインオークションハウス Zachys(ザッキーズ)の日本代表に就任。日本国内でのワインサテライトオークション開催を手がけ、ワインオークションへの出品・入札および高級ワインに関するコンサルティングサービスを行う。著書に『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』『高いワイン』(共にダイヤモンド社)がある。

1本3100万円で落札されたこともある最上級ワイン「シュヴァルブラン」

 1955年、フランスのサンテミリオン地区で実施された格付で、満場一致で最上級の「第一特別級A」を獲得したのがシュヴァルブランです。この格付は10年に一度見直しが行われますが、今なおシュヴァルブランは最上級シャトーとして君臨しています。

 以前、クリスティーズのオークションに1947年産シュヴァルブランの6リットル大型ボトルが出品された際は、このサイズの1947年産はおそらく世界に1本しかないと言われ、落札額は30万4375ドル(約3100万円)にのぼりました。この落札額は、長らくワインの最高落札額を保持していたほどです。

 シュヴァルブランを一躍世界的に有名したのは、アカデミー賞受賞の映画「サイドウェイ」です。ワインオタクの主人公が、離婚した奥さんとの結婚10周年祝いに用意したのが1961年産のシュヴァルブランでした。

フランスのサンテミリオン地区の最上級シャトー「シュヴァルブラン」。『高いワイン』(ダイヤモンド社)より抜粋

 しかし、復縁できないことを知った彼はこのシュヴァルブランをファストフード店に持ち込んで飲んでしまいます。このシーンにより、シュヴァルブランの名はさらに世の中に浸透したのでした。

 ちなみにシュヴァルブランは、1998年にはルイヴィトングループ(LVMH)のアルノー氏とフレール男爵に135ミリオンユーロ(約165億円)で買収され、モダンなスタイルに様変わりしています。20億円を投じて一新された、プリツカー賞を受賞した有名建築家による近代的なシャトーは、サンテミリオン村の田園風景にうまく調和し、村を訪れるツーリストたちの人気スポットになっています。