イオンモール幕張新都心でのショッピングモビリティ実証試験の様子
イオンモール幕張新都心でのショッピングモビリティ実証試験の様子 Photo by Kenji Momota

福祉から全世代の歩行補助へ
イオンモールでの積極的な試み

 本連載で何度か取り上げている、ハンドル形電動車いす。

 道路交通法上は、歩行者扱い。道路車両運送法上は、車両に含まれない。JIS(日本工業規格)に対応して、最高速度は時速6キロ。免許や車検は必要なし。

 そもそもは、福祉目的で開発されてきたが、近年では高齢者の「免許返納後の乗り物」としても注目が集まっている(参考記事:『高齢者の免許返納で注目される「ハンドル形電動車いす」の課題』)。

 そうした中、ハンドル形電動車いすに関して、全国各地で新しい動きが出てきた――。

 千葉県千葉市のイオンモール幕張新都心。延べ床面積では日本最大級のショッピングセンターである。ここで2019年9月24日~27日の4日間、「館内の移動の新しいカタチ~ショッピングモビリティ体験会」が開催された。