先述したように、決済手段によってその上限は異なるが、とはいえ毎月30万円やら50万円やらも消費できる人はそうはいないだろう(悩ましいのは宴会のワリカンで、幹事にまとめて払わせたくないと感じる人が増えて人間関係が悪くなりそうだ)。

 それより気になるのは、実際にこの最大5%分がどうやって還元されるのか、だろう。もともとの趣旨は、決済金額の一部をポイント還元するという話だったが、それ以外にも2つの方法がある。1つは、購入時にその代金からポイント相当分の額を差し引くという“実質値引き”だ。もう1つはカード会社などが採用している手法で、利用代金を口座から引き落とす際にポイント相当分を値引くというもの。逆に、電子マネーやコード決済の場合は、その残高として使えるポイントの形で還元するケースが多い。

 経産省の思惑としては、ポイント還元をしてそのポイントでさらに買い物をしてほしいという色気があったのだろうが、関係各所から聞こえてくるのは、ポイントには有効期限があり、しかも原資は税金なのでちゃんと使われないとまずいとか、カードのポイントだと、マイルや電子マネーなど交換先ごとに還元率が変わるため複雑化するとか、諸々の面倒くささだ。だったら、すっぱり実質値引きするほうが、後腐れなくすっきりすると考える部分もあるのだろう。

 還元=上乗せで最大5%のポイントがもらえる、と期待した人はちょっとがっかりしているかもしれない。

クレジットカード嫌いな人も大丈夫
しかも口座の現金が増える!

 しかし、ご安心を。このポイント還元には、さらに知っておくべきお得な方法がある。それは、使った金額の5%が自分の普通預金口座に振り込まれるというもの。使いにくいポイントではなく、現金そのものが付与されるという嬉しい話なのだ。

 その方法とは、銀行のデビットカードを支払いに使うことだ。キャッシュレスの動きと並行し、銀行は維持コストがかかるATMを廃止し、決済には口座から即時引き落としとなるデビットカードを使ってもらうべく熱心に発行を勧めている。デビットカードといえば、キャッシュカードをそのまま使うことができるJデビットが思い出されるが、今はVISAやマスターカードなど国際ブランド付きデビットカードが主流で、最近はこれらのカードによる決済が伸びているという。