西濃運輸の親会社は年収722万円
経営危機のスルガ銀は729万円

 トップ10には入らなかったが、岐阜、石川、富山の3県で年収が高い会社をそれぞれチェックしていこう。

 岐阜県で最も年収が高い上場企業は、15位のセイノーホールディングスで722万円。「カンガルー便」が愛称の西濃運輸などを傘下に持っている。

 石川県の年収首位は、今村証券。693万円で23位だった。石川、富山、福井の北陸3県を地盤とする独立系証券会社である。同社の証券アナリストによるリポートは、北陸3県の上場企業を中心にカバーしており、地元密着の姿勢を打ち出している。

 富山県は、ジェネリック医薬品大手の日医工が680万円で26位だった。

 その他の有名企業の年収も見ていこう。

 投資用不動産への不正融資で経営の屋台骨が揺らいでいるスルガ銀行(静岡県)は、729万円で13位だった。軽自動車や二輪、インド市場に強みを持つスズキ(静岡県)は、681万円で25位。

 志賀原子力発電所2基の停止が続く北陸電力(富山県)は、634万円で48位だった。

(ダイヤモンド編集部編集委員 清水理裕)

Banner designed by Noriyo Shinoda

>>100位まで掲載【完全版】を読む