六本木、京都、福岡…昭和から令和への「定点写真」に見る都市の移ろい六本木六丁目付近 撮影:1983(昭和58)年10月

 六本木には、ほかにも昔ながらの町並みを見ることができた。飯倉片町交差点あたりは今ではビルばかりだが、かつては個人商店が数多くあり、地元の人たちの普段着の生活がかいま見えたものだった。この写真の角にあるのは魚屋で、その左は事務用品店、奥には酒屋、美容室などの看板が見える。今回カメラを構えていたら、たまたま空色のスポーツカーが走り抜けていったが、古い写真をよく見るとフォルクスワーゲンのビートルが2台写っていた。

六本木、京都、福岡…昭和から令和への「定点写真」に見る都市の移ろい飯倉片町交差点あたり 1983(昭和58)年10月
六本木、京都、福岡…昭和から令和への「定点写真」に見る都市の移ろい飯倉片町交差点あたり 撮影:2019(令和元)年5月