万が一のときやお子さんの教育資金として引き出せるような用途の決まっていないお金が、現在、180万円というのは少なすぎます。Tさんも今は健康かもしれませんが、病気をして突然収入を得られなくなるかもしれませんし、会社の業績が急速に悪くなって失職する可能性もゼロではありません。万が一の場合に備えるお金は、奥さんやお子さんの生活を守るためにもきちんと備えておくべきなのです。

家電買い替え貯金は後回しに
まずは6ヵ月分の生活費の貯蓄を

 生活防衛資金の目安は、毎月の生活費の6ヵ月分。イレギュラーな支出にも対応できるゆとりを持たせるために、毎月の生活費として通常の1.5ヵ月分を準備することを前提に、6ヵ月間を乗り切れる生活費があると、何かあった場合でも生活を立て直すことは十分可能でしょう。Tさんのご家庭でいうと、生活防衛資金として、360万円は用意したほうがよさそうです。

 こうした貯金を作るにしても、今のままではとても実現不可能です。毎月の生活費から無駄な支出を見つけ、削減していくことももちろん大切ですが、当たり前のように「必要な支出」にしてしまっている「将来の予算」として貯めている部分や、生命保険の見直しも必要でしょう。生活防衛のための貯金が少ない今の状況を考えると、繰り上げ返済の貯金や家電買い換えのための貯金は後回しでもよさそうです。

 Tさんのように、生活よりも将来に必要になるだろうお金を貯めることに懸命になる人も意外といらっしゃいます。自分では懸命にお金を回し、将来は困らず、豊かに暮らせるようにと考えているのでしょうが、将来ばかりを見すぎてしまい、目の前の生活を見ることができていないことがとても残念です。

 お金のことを考える際、目の前のことばかりを見ていてもよくはありませんが、今と将来をバランスよく考えてお金を使い、貯めていきたいものです。

(家計再生コンサルタント 横山光昭)