「灘区から暴力団を追放しよう」と書かれた看板激化する抗争に業を煮やした警察による、事務所の使用制限の仮命令が、とうとう「山口組のハロウィン」を中止に追い込んだ Photo by Kenichiro Akiyama(以下同)

子どもに菓子を配るヤクザと、それを見守る苦々しい顔の警官たちーー。毎年、ハロウィンの日に神戸市の山口組総本部周辺で見られる光景だったが、とうとう今年は菓子配りは行われなかった。原因は、ヤクザ同士の抗争の激化に業を煮やした警察による、取り締まり強化である。(フリージャーナリスト 秋山謙一郎)

小学生も恐怖に震えた…
ハロウィン当日の山口組総本部

 もはや、子どもたちですら、彼らを「反社」とみなしたようだ。

総本部前を通って帰宅する小学生の姉妹。怖がる妹を気丈にも姉が守り家路についていた。遠くから警察官5人が警戒に当たっていた

 毎年、ハロウィンの日になると話題に上る「山口組のハロウィン」が、令和元年の今年は実施されなかった。今回の実施中止で、暴力団壊滅への流れが一気に加速化しそうだ。

 10月31日、神戸市灘区の閑静な住宅街にある山口組総本部の周辺は、異様な緊迫感に満ちていた。制服姿や、スーツ姿に「略帽」と呼ばれるツバの小さな作業帽型の帽子を被った私服姿の警察官たちがおよそ40人ほど集まり、警察車両は約10台くらい、赤色灯を光らせている。その厳戒態勢ぶりから、あらためてここが日本最大の暴力団組織の拠点であることを思い知らされる。昨年ここで、子どもたちと親、そして山口組関係者もまた、ハロウィンのお祭り騒ぎに浮かれていたことがまるで嘘のようだ。

 そうした厳戒態勢のなか、家が総本部近くにある小学生姉妹が家路へと急ぐ。「怖い…」。体の小さな妹が、警察官、それも屈強な体格の大人の男たちが大勢立っている様子を見て、思わず声をあげる。姉は、妹を抱きかかえるようにして、こう大きな声をあげた。「怖くない!」ーー。

 この様子を見ていた警察官のひとりが、「家、こっちなの?」と優しく声かけしながら、自宅方向へとエスコートする。それを、数人の警察官がすこし離れた位置から警戒する。

 親子連れが通るときも同じだ。総本部を通り過ぎるまで、警察官が数人体制で厳重に警戒にあたっていた。絶対に市民を危険な目には遭わせない…。そんな警察官たちの意思が伝わってくる。

 それもそのはず。今、神戸は、暴力団の抗争下にあるからだ。山口組ナンバー2で若頭の地位にある高山清司氏(72)が刑務所から出所したのは10月。しかしそれ以前から、出所を見越したと思われる抗争事件が頻発し、総本部をはじめとする組事務所のある町の地域住民たちは不安におののいてきた。

 4月には神戸市内の商店街で、山口組系組員が対立する神戸山口組の2次団体幹部を刺した。8月には神戸の玄関口・新神戸駅近くで司忍山口組組長(77)の出身母体として知られる弘道会関係者が何者かに銃撃される。さらに10月には山口組系組員が神戸山口組系組員2人に発砲、死亡させるといった具合だ。特に10月の発砲事件は、雑誌記者を装って近づき、警察官の目前で犯行に及んだ。これが警察を“本気”にさせたことは間違いない。