今から約半年前。40歳メタボライターが「めざせ17キロ減」を合言葉に始めたベストセラー書籍『医者が教える食事術』ダイエット。糖質中毒に陥った体にムチを打ち、糖質断ちを決行。これまでの不摂生でため込んだ脂肪と格闘した結果発表の日がついにやってきました! 果たして目標体重まで到達できたのか、それとも努力むなしく、「食」の誘惑に負けてダイエット失敗!となったのか?

ついにこのときがやってきた!果たして結果は?

 キツさもあったかもしれないが、それなりに楽しくもあった糖質制限ダイエットの旅路。名残惜しくもあるが、この連載もそろそろ締めくくらなければならない。

 4月14日に、体重82.3キロだった私。そのとき身長から割り出した適正体重65キロから、マイナス17キロを目標に掲げていた(初回のタイトルにもうたっていた)。

 はたして、半年間の糖質制限でどこまで理想に近づけたのか?

 10月13日の計量、体重66.5キロにまでなんとか到達!(最終ページにビフォーアフターの写真を載せていますので、ご興味のあるかたはぜひ)

 6カ月でマイナス15.8キロ。大目標のマイナス17キロとまでは行かなかったが、数キロの誤差はどうかご寛恕いただきたい。これでもすごくないですか!?と、自画自賛してみる。

 当初目標も「夢は大きく」と過大気味に設定していたつもりだった。自分の意識としては「大健闘」なのだ。

 体重以外の数値にも成果は現れていた。体脂肪率は25.5%(軽肥満)から17.4%(標準)へ。BMIも「肥満」の領域にあった28.1から、普通体重の22.7へ。

 なお、日本人はBMIが25以上になると糖尿病や循環器疾患のリスクが上がるため、そこからが「肥満」と設定されているとのこと。この体重を維持できれば、これからの自分の健康にもたらされる恩恵、いかばかりであろうか。そういえば、連載担当のKさんに前回会ったときも「肌の色つやがよくなった」と言われていた。

 適正体重に達するまで今までどおりの糖質制限は続けるつもりだ。ただ、体重を落とすためには糖質摂取1日60グラムまでという厳しい制限が必要だったところから、体重を維持する段階に入ると男性は1日120グラム、女性は110グラムにまで制限が緩和される。目標達成後は、少し食生活のバリエーションは増やすことができそうだ。そのときは調子に乗って元の木阿弥、とならないように気をつけたいところだ。