9万部を突破した『まいにち小鍋』シリーズの最新刊『まいにち湯豆腐』が絶賛発売中です。豆腐の約90%は「水分」ですから、低カロリー、低脂肪、低糖質なのに、大豆を原料とする栄養価の高い食材。湯豆腐は、ダイエットにも最適なヘルシー料理。ただ、湯豆腐はシンプルなだけに、どうしてもワンパターンになりがち。そこで、人気料理家である小田真規子先生に、10分でぽっかぽかになれる絶品レシピの数々を教えていただきました。本連載では、おいしい「湯豆腐」「小鍋」の作り方と、選りすぐりの逸品をご紹介します。

 風が冷たくなって、底冷えするようになってきましたね。「鍋の季節」の到来です。しかし、鍋料理はついついワンパターンになりがち。その悩みを解消してくれるのが「小鍋だて」にすること。素材が少ないために、味付けに個性が出やすいからです。そこで、絶賛発売中の『まいにち湯豆腐』から、ジューシーな肉汁が楽しめる小鍋レシピである「鶏とトマトのにんにくすき豆腐」をご紹介いたします。

【具材】
木綿豆腐(4 等分に切る):1丁(300g)
鶏もも肉(6 等分に切る):小1枚(200g)
〈A〉砂糖(大さじ2)+しょうゆ(大さじ2)
ミニトマト(ヘタをとる):10個
ごま油:大さじ1/2

【スープ】
にんにく(5mm角):2かけ(20g)
みりん:大さじ2
水:1/4カップ

【つくり方】
(1)鶏もも肉に〈A〉をもみ込む。
(2)小鍋にごま油を入れて中火で軽く熱し、(1)の鶏もも肉を汁ごと広げ、ふつふつとしてきたら2分焼く。
(3)半分火が通るくらいで豆腐・ミニトマトを入れ、【ス―プ】を注いでそのまま中火で煮立て、煮汁をかけながら5分煮たら完成!

 料理のポイントは、鶏もも肉を少し焼くこと。こうすることで香ばしく、味が濃厚になり、旨みが引き立ちます。片面だけ焦げ色がつかない程度に焼けばOKです。とってもおいしいので、ぜひお試しください!