中村知美
SUBARU代表取締役社長CEO中村知美 Photo by Hirobumi Senbongi

SUBARU(スバル)はトヨタ自動車と株式を持ち合うことになった。スバルはトヨタからの追加出資を受けてトヨタの持分法適用会社となる一方で、最大800億円分のトヨタ株式を取得する。これをもって、「トヨタの軍門に下った」「電動化技術を使わせてもらう対価を払わされた」という見方もある。しかし、SUBARUの中村知美社長はダイヤモンド編集部などのインタビューで、その狙いは「対等」な関係の構築だと強調した。(ダイヤモンド編集部 千本木啓文)

「ここからは手の内を明かさない」
というトヨタとの境界線を壊したかった

――なぜトヨタ自動車との資本提携の強化に踏み切ったのですか。

 15年間トヨタと提携関係を続けてきましたが、トヨタに対して「このやろう、偉そうだな」とか「なぜそこまでしか技術を教えてくれないんだ」といった思いを持っていました。トヨタにもスバルに対して同じような思いがあって、両社の間に「垣根」ができてしまっていました。

 従来からトヨタはスバルの大株主ですから、どうしても発言権は大きくなる。実際に、昔のトヨタは資本の論理を振りかざすところがありました。私だって、社内でトヨタとの(折衝の)窓口をしていましたから嫌な思いもしましたよ(笑)。