もうひとつは血管を「収縮・拡張」させるエクササイズ(血管ストレッチ)です。これは血管を圧迫し、いったん血流をストップさせてから、圧迫を解放して血流を 再開するエクササイズです。

 血液は、一度その流れを止めてから再開すると、血流が血管内皮細胞を刺激して「NO」の分泌を促します。先ほどの説明の通り、「NO」は末梢血管をしなやかに開いて血圧を下げるのです。

 では早速私と一緒に取り組んでいきましょう!

NO有酸素運動 その1
ゾンビ体操+αバージョン

 ゾンビ体操は私のオリジナル体操ですが、最近では認知度も上がってきているようで、「ゾンビ体操の先生ですね!」などと声をかけられることも増えました。

 ゾンビ体操は場所を選ばず、手軽にいつでもできる有酸素運動です。1セット行うと約10分間のウォーキングをするのと同じぐらいの運動効果を得ることができます。

ゾンビ体操

 3セット行えば約30分ウォーキングしたのと同程度ということです。今回はここにプラスαして、「血管ストレッチ」を加えることで、さらなる血圧低下効果を狙っていきましょう。

【ソンビ体操+αのやり方】

(1)基本姿勢

 お腹に軽く力を入れて背筋をすっと伸ばして立つ。

(2)イヤイヤ&その場でジョギング(基本のゾンビ体操)

 子どもがイヤイヤをするように上半身を揺らして腕をブラブラ、同時にその場でジョギング(足踏みでもOK)【1分間】。