「志を持ち、将来を切り拓ける紳士の育成」を掲げる足立学園 写真提供/足立学園中学校・高等学校

東京・神奈川の2020年入試では男子校ブームが起きている。特に、進学実績に比べてこれまで入りやすかった上位・中堅校の人気が高まっている。11月に実施された四模試のデータを基に、志願者が増加しそうな入試と予想実倍率をお届けする。(ダイヤモンド・セレクト編集部)

2月1日入試の人気校は3倍超に

 2020年入試は上位・中堅の男子校が人気となっている。11月に実施された四模試(SAPIX、四谷大塚、日能研、首都圏模試)の入試選択動向に基づき、実倍率などの最終予想を行った。

 まず、2月1日の入試動向から見ていこう。

 次の表には、模試で希望者が多かった入試の中で、前年比の増加率が10%以上のものを選んで掲載してある。

 2020年入試で人気男子校の双璧となっている巣鴨(1回)と世田谷学園(1回)はいずれも3倍を大きく超える厳しい入試になりそうだ。攻玉社(1回)、桐朋(1回)の復調も見られるが、成城(1回)も3倍超と人気男子校の一角に食い込んでいる。

 2021年から共学化し、女子が入ってくる予定の芝浦工大附属(1回)にとって、男子校として最後の入試となるが、引き続き予想実倍率も上昇傾向にある。

 東京男子御三家(開成・麻布・武蔵)は例年通りとなりそうだが、それに迫る難関校の駒場東邦は2.0倍と、より厳しい入試が予想される。

 1日午後は算数1科入試を導入している学校が多い。御三家受験者の押さえとして、巣鴨(算数)と世田谷学園(算数特選)の人気はさらに高まり、3~4倍に達しそうだ。

 偏差値45前後の中位校も1日午後は全体的に人気上昇中で、受験生が押し寄せて入りづらくなりそうだ。聖学院(1回特待アドバンスト)と京華(1回後特選)は倍率が上積みされている。増えても1倍台の1.8倍という佼成学園はまだ入りやすい。

 近年、近隣駅や乗り入れている沿線のタワーマンションを中心とする新住民から人気が高まっている「北千住」駅前にある足立学園は、特別奨学生入試(2回)が10倍に迫る人気となっている。