今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるヒビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

 

会話の中に相手の名前を適度に入れてみる

 ところで、中国や東南アジアの国には、ビジネス名として英語名を持っている人も多くいます

 本名が外国人には覚えにくいため、覚えてもらいやすい英語名を好みでつけているようです。私達も彼らと同じように英語名を持つのも一つの手ですよね。

 そこまでは気恥ずかしい、もしくは本名からかけ離れた名前は使いたくない場合は、外国人が発音しやすく、ビジネスシーンで使うことになっても大丈夫な適切なニックネームを考えてみましょう。

 名前を覚えたら、次は会話の中に相手の名前を適度に入れてみましょう。

 相手に好印象を与えられる一方、何度も名前を口に出すことで、自分の記憶にも定着していきます。

 初対面の人とのスモールトークにおすすめの話題の一つとして、相手の名前の由来を聞く、または自分の名前の由来を説明するというのがあります。こういった話は記憶に残るので、名前を覚えるのにも役立ちます。

 また、一度自己紹介をしあった人と再会した際、名前を言って話しかけるのがスマートですが、名前を忘れてしまった、もしくは自信がないケースもあるでしょう。

 その場合は、潔くもう一度自己紹介しあいましょう。