「人生100年時代」と言われる今。ひと昔まえは、おばあさんと言われていた60歳が、美容をはじめ様々な技術の進歩で、ものすごく若くなっています。これまでの上の世代は、正直参考にならない。では、今をどんな風に生きて、どんな風に楽しめばいいのだろう?そこで、同世代女性永遠の憧れモデルである黒田知永子さん(現在58歳)と、『服を買うなら、捨てなさい』でお馴染みのスタイリスト地曳いく子さん(現在60歳)に、『おしゃれ自由宣言!』の中から、今のアラカン(60歳)のための、あたらしいおしゃれと暮らしについてお話しを伺いました。今回は、黒田さんが大好きだというワンピースのこだわりについてご紹介していきます。

丈感にこだわったワンピース選び

photo by 前田晃(MAETTICO)

ワンピースが大好きです。春夏秋冬、1年中。
好きな理由? それはとにかく1枚でサマになるから!

コーディネイトにあれこれ悩むことなく、それさえまとえば決まるなんて、面倒くさがり屋の私にはうってつけのアイテムです。

夏なら体をしめつけないさらっと風が通るワンピース。冬ならこれまた大好きなモコモコのニットカーディガンやコートとも相性のいいワンピース。

選ぶ時の基準の最重要ポイントは、着丈。膝下丈は譲れません。一番好きなのは、ふくらはぎの真ん中より少し下くらいの長さ。夏ならサンダル、冬なら短めのブーツや靴下との組み合わせも楽しめる、大人にぴったりの丈感。脚の太い部分が隠れるので、これは私たち世代なら誰もが似合う長さなんじゃないかと思います。

そして、シルエットはボディラインを拾わないことが条件。

体型をカバーしてくれる生地感にもこだわるようにしています。基本的に、1枚で着てもかっこいい、可愛い、というのがワンピースの魅力なので、たとえば丈の前後差があるとか、袖にちょっとしたアクセントがあるとか、どこかしらに存在感あるデザインが施されているものなら、大人の体を美しく見せてくれると思います。