毎日、なんとなく同じメイクをしていませんか? そのやり方、本当にあなたの顔を美しく見せてくれていますか? もし、ちょっとよくわからない……と思ったら、ぜひこの方法を試してみてください。人の顔には、顔立ちや年齢にかかわらず、「ここをこうすると誰でも美しく見える」という、共通したポイントがあります。そのポイントを踏まえてメイクすることで、どんな人もまるで「すっぴんが美人」であったかのように美しく見せることができます。モデル・女優が「ここぞ!」という仕事で頼りにするメイクアップアーティスト・佐伯裕介が、どんなナチュラルメイクの日でも必ず美人に見せられる、メイクのコツを分かりやすく紹介します。

アジア人に似合う、装飾としてのアイシャドウ

© 岩澤高雄 (The VOICE)

 ナチュラルメイクの時などに使えて、メイク感を出さずに目を大きく見せてくれるアイシャドウとしておすすめの色はグレイッシュブラウン

 ですが、これがもの足りなく感じるときは、もう少し装飾性のある色を使ってみるとよいでしょう。僕のおすすめは、オレンジやイエロートーンのアイシャドウです。
 ほどよいメイク感と華やぎがありながら、アジア人の瞳と肌を自然に美しく見せてくれるのは、こうした温かみのある色味だと僕は思います。

 装飾性のあるアイシャドウといえば、キラキラしたラメ入りのアイシャドウも人気のあるアイテム。これも、TPOに合った使い方なら効果は絶大です。ポイントは、ファッションとの調和。目元だけキラキラして浮いてしまわないためには、服とのテンションが合っていることが大切です。

 4色パレットの中にはたいていキラキラしたものや、白などのハイトーンが1色入っていますが、「これはどう使えばいいですか?」というご質問に対して、僕がお答えしている方法をご紹介しましょう。

 ひとつは、まぶたの中央だけにチョンとのせる使い方。こうするとまぶたに立体感が生まれ、さりげない華やかさも加わります。

 もうひとつは基本の横長の四角に塗る方法です。丸く塗ると目立ちすぎてしまいますが、この方法なら広くならないので、品よくつけこなすことができます。

自分のままで圧倒的に美しい』では、他にもナチュラルメイクでも目が大きく見えるメイクのコツなど、様々なメイクテクニックを写真付きで詳しくご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。