ポイントは「家の中の空気」

 なぜアレルギー疾患に悩む人が増えているのだろうか。原因の一つと考えられているのが、住宅の変化だ。

冬場、窓ガラスに発生する結露冬場、窓ガラスに発生する結露によって室内の湿度が上がる

 昔の日本家屋は木造で隙間が多く、風通しが良かった。冬場は隙間風が寒い代わりに、特に意識しなくても自然に風が通り抜けるし、風が動けば湿度も下がる。一方、現代の日本の家は気密性が高い家(特にマンション)が多い。温かい、耐震性が高いなどのメリットがあるが、気密性が高い分どうしても風通しは悪くなる。意識して換気をしないと、湿気が外に逃げずに家の中にたまってしまい、窓ガラスなどで冷えて結露する。こうして湿度が上昇しやすく、室内が生乾きの状況になると、カビが生えやすくなる。カビをエサにするダニも増える……という悪循環が起こる。以前は家の中の湿度が上がるのは梅雨時や夏場などだったが、結露は気温が低いときに起こりやすいため、秋~冬も湿度が上がりやすくなった。結果として、一年中、家の中の湿気が上がりやすく、カビが生えやすい環境になっているのだ。

 しかし「気密性がよくなったことは、決して悪いことではないです」と話すのは、東京工業大学 環境・社会理工学院 建築学系で、建物内の空気環境を専門とする鍵直樹准教授。「建物の性能は現在良くなっていますが、住宅の設備、性能の通り生活できていない習慣により、問題があるのも事実です。住宅の性能に合わせて習慣を変えること、住まい方が重要です。(1)定期的な換気(2)定期的な掃除など衛生的な生活習慣(3)温度、湿度や汚染物質をモニタリングし、気にしながら生活する、の3つをお勧めします」(鍵氏)

 特に(3)は意識している人が少ないのではないだろうか。「温度に比べて、湿度を気にする人は少ない。特に気をつけたいのが冬場の湿度です。冬場は暖房で空気の湿度が下がりやすい半面、石油ストーブなど室内に排気するような燃焼器具の使用、洗濯物の部屋干しなどで簡単に室内の湿度が上がりやすい」と鍵氏は指摘する。湿度が上がると結露やカビの発生を招き、ハウスダストなど室内環境を悪化させる。

 ハウスダストアレルギーも、温度差による不調も、ポイントは「家の中の空気」だ。できるだけハウスダストをため込まず、部屋の温度差が少ない、温かい家に住むことで、冬場の不調をある程度避けられるようになる。