ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

ひとりよがりでは最強のチームをつくれない
間違いだらけの人と組織

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第8回】 2012年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

■創業メンバー役割分担あいまい病

 対等な2−3人で起業し、成長しても役割分担ができずダブって混乱したり、社内で派閥が生まれたりする。

■落下傘受け入れ体制不備病

 経営人材を中途採用するが、そうした落下傘入社の人材が活躍できるようにできない。

■仲良しクラブ病

 創業メンバーの純血主義で、人の評価も客観的にできず、中途採用にも排他的なカルチャー。

■短期収益至上主義病

 みなが短期の数値目標に追われ、将来への布石や柱づくりが欠落。

■ミドル層不在病

 経営陣と現場の二階層だけで間がいない。次の世代の人材がいない。

■昇格ポジション不在病

 内部昇格でなく中途採用で経営陣を埋めてしまい、プロパー(生え抜き)のヤル気が低下したり、カルチャーがつくれなくなる。

■YESマン多発病

 ワンマン社長のもと、社員が思考停止したり、社長が裸の王様になる。サラリーマンよりサラリーマン的な社員が増える。

 このように、経営者次第で組織は様々な症状を示すことになる。では、どうすればよいか。まず、己を知れということだ。これは自分の個性や陥りやすい弱点を知るとともに、人と組織について何を知らないか自覚することだ。

 人と組織について、「知らないのに強気で、ナメている」か「知らないのに放っておいている」ことが多いと岡島氏は指摘する。誰しも最初は素人のはずであり、そこでどう行動するかが問われる。また、起業家自身の成長が大切だ。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧