能作もディズニー製品を鋳造していた!

能作克治(のうさく・かつじ)
株式会社能作 代表取締役社長
1958年、福井県生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒。大手新聞社のカメラマンを経て1984年、能作入社。未知なる鋳物現場で18年働く。2002年、株式会社能作代表取締役社長に就任。世界初の「錫100%」の鋳物製造を開始。2017年、13億円の売上のときに16億円を投資し本社屋を新設。2019年、年間12万人の見学者を記録。社長就任時と比較し、社員15倍、見学者数300倍、売上10倍、8年連続10%成長を、営業部なし、社員教育なしで達成。地域と共存共栄しながら利益を上げ続ける仕組みが話題となり、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)など各種メディアで話題となる。これまで見たことがない世界初の錫100%の「曲がる食器」など、能作ならではの斬新な商品群が、大手百貨店や各界のデザイナーなどからも高く評価される。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞、第1回「三井ゴールデン匠賞」グランプリ、日本鋳造工学会 第1回Castings of the Yearなどを受賞。2016年、藍綬褒章受章。日本橋三越、パレスホテル東京、松屋銀座、コレド室町テラス、ジェイアール名古屋タカシマヤ、阪急うめだ、大丸心斎橋、大丸神戸、福岡三越、博多阪急、マリエとやま、富山大和などに直営店(2019年9月現在)。1916年創業、従業員160名、国内13・海外3店舗(ニューヨーク、台湾、バンコク)。2019年9月、東京・日本橋に本社を除くと初の路面店(コレド室町テラス店、23坪)がオープン。新社屋は、日本サインデザイン大賞(経済産業大臣賞)、日本インテリアデザイナー協会AWARD大賞、Lighting Design Awards 2019 Workplace Project of the Year(イギリス)、DSA日本空間デザイン賞 銀賞(一般社団法人日本空間デザイン協会)、JCDデザインアワードBEST100(一般社団法人日本商環境デザイン協会)など数々のデザイン賞を受賞。デザイン業界からも注目を集めている。『社員15倍!見学者300倍!踊る町工場』が初の著書。
【能作ホームページ】www.nousaku.co.jp

能作 実は、ディズニーの仕事はうちでもやっていますが、要求は厳しいですよね。カラーにしても形にしても。

山本 厳しい。能作さんはどんな部品をつくっているのですか?

能作 うん。東京ディズニーシーの旗の上にミッキーの頭がのっているのですが、あれはうちで鋳造しています。
 また、ディズニーランドにあるシンデレラ城の階段のステップの真鍮などもやっています。

山本 能作さんの技術があれば、いろいろなニーズに応えられるでしょうね。

能作 東京ディズニーリゾートの仕事も数は少ない。
 小ロットの注文しかこない。
 ただ、検品は非常に厳しい。

山本 それは仕方ないですよ。
 僕らは世の中にないものをつくっているのだし、夢の国の子どもたちの夢を壊したらいけませんから

能作 昨年9月に、本社以外初の路面店「コレド室町テラス店を東京メトロ・三越前駅近くに出しました。
 ちょうど向かいのビルに照明がたくさんついているのですが、それはすべて能作でつくったものです。

山本 意外なところに能作さんの商品があふれているのがいいですね。

能作 だからコレド室町テラスに来たお客さんに、「あの照明、うちでつくったんですよ」という話もできる。

山本 東京ディズニーリゾートからの注文は、先方からいきなり来たのですか。

能作 いや、直接ではなく、間に入っている会社経由でした。

山本 僕らの場合は、ウォルト・ディズニー本社の開発エンジニアから直接依頼が来ました。

能作 それはいいですね。

山本 先方からの図面には、ミッキーマウスのロゴが入っていた。
 ミッキーマウスのロゴは赤いパンツにあるんだけれど、このちょっとの赤のパンツ色のために、カラーコピーをするから素敵。
 アメリカで一番いいなと思ったのは、
 エンジニア自身がものすごい権限を持っていて、価格決定も自分たちで決めること

 だから僕らもすごい利益を上げることができた。

能作 それなんですね。

山本 競争がないから。

能作 NASAの仕事も儲かるでしょう。

山本 NASAの仕事は誰もやりたがりませんから、うちに来る

能作 そうか。

山本 日本もアメリカも同じ。みんな一個一個、頭をひねってやるのが嫌なんです。
実に滑稽ですよ。僕らから見たら。

能作 そうでしょうね。

山本 単品をやったらいいのにと思うんだけど。

能作 うちも多品種単品なのでよくわかります。営業部はないのですが、世界中から「これつくれませんか?」というオーダーが次々来ます。続きはまた次回!