充実したカウンセリングで
やりたいことを明確化

 既存の就職サービスと違い、旅人採用では、カウンセリングを通して登録者一人ひとりとじっくり向き合っていく。時間をかけて、その人に適した仕事を一緒に見つけていくスタイルを採っている。

「大半の学生は、この仕事に就きたいという明確な希望は持っていません。ですので、旅で身につけたことを振り返り、言語化していくよう促しています。そうすると、少しずつやりたいことが明確になっていきます。押し付けるのではなく、コミュニケーションを取りながら、何をやりたいかを自分自身で気づいてもらうように心がけています。海外を旅すると、各地で社会問題を目の当たりにする機会があります。その経験をきっかけに、国際社会に貢献できる仕事に就きたいという人が多いですね。こういった彼らの願いを叶えるための支援が、我々カウンセラーの役目だと思っています」

 海外への留学生が増えている一方で、就職サポートは手薄なままという現状を変えていこうと始まった旅人採用。安心して海外へ飛び出し、学ぶことができる社会を目指している。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))