一緒にいて息苦しい上司
一緒にいて息苦しい上司になっていませんか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

良かれと思ってやっているあなたの何気ないその行動が、部下の気持ちを遠ざけます。信頼を築くには年月が必要ですが、信頼が崩れるのは一瞬です。あなたが思った以上に部下はあなたのことを観察しています。(カスタマーズ・ファースト株式会社代表取締役・代表講師、産業カウンセラー 片桐あい)

1つでも当てはまったら「黄色信号」
3つ以上当てはまったら「赤信号」

 あなたは、下記の9つの項目を見て、自分に思い当たることはないでしょうか。

1.つい、仕事の完成度を上げることを求めてしまう
2.つい、役割を越えて相手の仕事に踏み込んでしまう
3.つい、八方美人で他の部署にいい顔をしてしまう
4.つい、自分の個性を認めさせたくなってしまう
5.つい、データや裏付けをしつこく求めてしまう
6.つい、リスクはどうなのかと問い詰めてしまう
7.つい、中途半端な状態で投げ出して逃げてしまう
8.つい、強さを発揮しすぎて相手を追い詰めてしまう
9.つい、我慢しすぎて怒りをため込んでしまう

 具体的な9タイプ詳細については、拙著『職場の「苦手な人」を味方に変える方法』(PHP研究所)を参照にしていただくとして、職場での日常の自分を思い出してチェックしてみてください。9つの項目のうちのいくつ当てはまったでしょうか。1つでも当てはまったら「黄色信号」、3つ以上当てはまったら「赤信号」です。

「つい」というのがキーワードです。悪気はなく、意識してやっているわけではないところが怖いところです。