服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男の服選びに対し、書籍『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。あたらしい「私服」に対する考え方を提案する。

「ユニフォーム化」という提案

みなさんは服選びが好きでしょうか。

百貨店やショッピングモールを見ると、女性のアパレルショップはたくさんあります。しかし、女性に比べると、男性向けのアパレルショップはとても少ないです。

それを見るだけでも、男性の私服への意識の低さがうかがえます。

一般的な会社員であれば、平日はスーツを着るでしょう。
すると、私服は、週に1~2回しか着ないことになります。つまり、そんなにたくさんのバリエーションなんて必要ありません。
服なんかになるべく頭を使いたくない人も多いでしょう。
そこで、提案したいのが「ユニフォーム化」という方法です。

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏の話は有名です。
黒のタートルネックにリーバイスのジーンズ、足元はニューバランスのスニーカー。メディアを通して見る彼の姿は、いつもこの装いでした。
これこそが、ユニフォーム化の一例です。
他にも、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏や、日本ではデザイナー・建築家の佐藤オオキさんもユニフォーム化を実践しているそうです。

ベストコーディネートを作ろう(イラスト:須田浩介)

「ユニフォーム=こだわり」である

ユニフォーム、つまり「制服」というと、おしゃれとは無縁のような響きがあります。
しかし、実はジョブズ氏の黒のタートルネックは、ファッション業界では知らない人はいない、三宅一生さんがデザインを担当しています。
しかも、体のあらゆる部分を採寸しながら、特注で作られたものです。
また、象徴的な丸メガネは、アンティーク眼鏡のエッセンスを凝縮した「ルノア」というブランドのものです。ジョブズ氏の見慣れたスタイルの中にも、こだわりがぎっしりと詰まっています

ザッカーバーグ氏も同じです。
Tシャツ1枚のシンプルなスタイルでも、適当に選んでいるわけではありません。直近の彼の姿を見ると、1枚で数万円を超える、上質なTシャツを選んでいます。

このように、ユニフォームとして選ぶべき服は、何でもいいわけではありません。
最初のアイテム選びだけは、手を抜かずにおこなう必要があります
しかし、最初に1割の面倒をしておくことで、その後、9割のラクをすることができるのです。

「最良の1着」を選ぶ

私の職業はスタイリストですが、最近は少しずつファッションのユニフォーム化を進めています。

たとえばシンプルな白Tシャツを選ぶにも、複数のものをまとめ買いします。実際に数日間、着用してみて、シルエットのバランス、着心地の良さ、洗濯後の変化などを比較します。

ベストな1枚が見つかったら、同じものを複数買います。
色違いなどは、あえて買いません
自分が一番気に入ったものだけを揃えておく。男性はたくさんのバリエーションを楽しみたいというよりも、気に入ったものばかりを着る習性があります。自分にとってのベストな1枚を見つけたら、それだけをしばらく着るのです。

みなさんには、ぜひ、休日用の2~3パターンのベストコーディネートを組んでいただきたいと思います。

アパレル業界にいる人であれば、おそらく服が大好きで仕方なく、何十着、何百着もの服を買いそろえ、流行を追い続けることかと思います。
しかし、世の中の流れは逆です。
ぜひ、定番アイテムの選び方にこだわり、それを制服にしてしまいましょう