1万人を超えるリーダーは、「同じこと」に悩んでいた。
本連載は、1万人を超えるリーダーから寄せられた「悩み」に対し、明確な答えを提示するものだ。
書き手は、日本最高峰のビジネススクール「経営アカデミー」で19年以上の登壇実績を誇り、経営者や企業幹部を指導してきた浅井浩一氏。全国で年間100回以上の研修や講演を行い、コンサルタントとしても現場に入り込む。
「離職率を抑え、メンタルを病む人をゼロにし、なおかつ目標を達成し続ける」ために、リーダーとともに考え、行動し、悩みの解決を図る。業種・業態を問わず、職場再建率は100%。これまで指導してきたリーダーの数は1万人を超える。発売即3刷のベストセラー『1万人のリーダーが悩んでいること』の著者でもある。

Photo: Adobe Stock

【悩み】部下や仲間のためにできるだけのことをしたいと思っていますが、「会社のために」という気持ちにはなれません。私はおかしいのでしょうか?

「部下や仲間のためにできるだけのことをしたい」と思えるリーダーはなかなかいません。あなたは本当に素晴らしいリーダーです。

 仕事で行き詰まったときに相談できたり、人間関係の悩みを話せたりするリーダーが職場にいるのは、部下や仲間にとっては心強いものです。

 なぜ会社への忠誠心を失ってしまうのか

 さて、あなたが会社への忠誠心を失ってしまったのはなぜなのでしょうか。「会社のために」という気持ちになれない――。

 実はある課長が、あなたとまったく同じ相談をしてきたことがあります。

「部長は部下の声に耳を傾けてくれない。本気でお客さまのことを考えていない。仕事に使命感を持っていないように感じる。なぜ会社は、こんな人を部長に据えているのか。そう考えたら、どんどんやる気が失せちゃって」

 彼が抱えていたのは「上司」に対する不満でした。「会社のためにがんばれない」は「上司のためにがんばれない」と同義だったのです。

 私はコンサルタントとしていろいろな会社と関わる中で、実に多くの上司を見てきました。

 世の中には、真に会社の将来を考えて行動し、部下を育成し、自らも誠実にお客さまに向き合う素晴らしい上司がたくさんいます。しかしその一方で、お世辞にも素晴らしいとはいえない上司もたくさんいます。