職場の「やりづらい人」の攻略法
職場で「やりづらい人」に悩まされたり、衝突してしまったりしたことはないだろうか?(写真はイメージです)

要約者レビュー

職場の「やりづらい人」を動かす技術
『職場の「やりづらい人」を動かす技術』
秋山進、 272ページ、KADOKAWA、1400円(税別)

「同僚のあの人は、私の主張をまったく聞き入れてくれない」「あの先輩とはどうも話が噛み合わない」「あの上司の行動は、いつも私の理解を超えている」――そんなふうに、職場の「やりづらい人」に頭を悩まされ、衝突してしまったり、仕事の生産性が落ちてしまったりした経験はないだろうか。

 本書『職場の「やりづらい人」を動かす技術』は、経営・組織コンサルタントとしてビジネスパーソンを観察してきた著者が、ビジネスパーソンを8つに分類し、その分類をもとに各タイプの“攻略法”を伝授する一冊である。

 8つのタイプは、「時代を感じる評論家」「実現を目指す政治家」「想像力ゆたかな小説家」などといったふうに、実に的確に名付けされている。各タイプの説明を読めば、「これはまさにうちの部署の〇〇さんのことだ!」と共感したり、「あの上司はこのタイプだ、だからあんなふうに仕事をしているんだ」と腑に落ちたり、「私は確かに、こんな考え方をしている」とドキッとしたりするだろう。それぞれの説明を読むだけでも十分に楽しめる本書だが、それにとどまらず、タイプどうしの相性が細かく分析されていたり、それぞれのタイプが輝けるフィールドがどこにあるのかが紹介されていたりする。このタイプ分類のもとになっているフレームワークを自分のものにし、いろいろなタイプの人の特性を理解できるようになれば、きっと仕事におけるストレスが大幅に軽減されるはずだ。(庄子 結)

本書の要点

(1) ビジネスパーソンは「視点」「思考」「行動」の3つの観点をもとに8つのタイプに分類される。
(2) タイプ分類をもとに自分のクセと相手のクセを理解し、相手の強みを認めつつ望ましい方向へ誘導するコミュニケーションを取ることで、無用な対立を防ぐことができる。そして、各人の強みを発揮し、弱みを補完し合う組織をつくることができる。
(3) 組織の行動は「自己規定」「体制作り」「運用・実行」の3つのフィールドに分けられる。人事においては、各人の強みを発揮できるフィールドに配置することが重要である。