上司と部下の立場が逆転する「さんくん交代」をはじめ、ビジネスの世界では自分の立場が奪われることは珍しくない
上司と部下の立場が逆転する「さんくん交代」をはじめ、ビジネスの世界では自分の立場が奪われることは珍しくない Photo:PIXTA

営業やビジネスの世界では、上司と部下の立場が逆転するなど、自分の立場や仕事が奪われることがある。こうした危機意識を持ち続けることが重要だ。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)

ビジネスの世界に存在する
非情な「さんくん交代」

 営業やビジネスの世界には「参勤交代」ならぬ「さんくん交代」というものがある。さんくん交代とは、年下の後輩が上司になり、年上の先輩が部下になることを言う。

 文字どおり、「さん」と「くん」が交代するわけだ。

 今は営業の世界に限らず、年功序列の会社は影を潜め、実力主義の会社が増えてきた。後輩を「年下だから」とアゴで使っていると、そう遠くないうちに痛い目に遭うことになるかもしれない。

 私は数多くのさんくん交代を見てきた。その典型的な例を紹介しよう。

 ある不動産会社でのこと。東京の拠点の一つの営業所にAマネジャーという人がいた。