Photo:PIXTA

思想家エミール・シオラン
彼の人生とそのペシミズム、ニヒリズム思想

 告白しよう。評者はずっと、なるべく他人と関わりたくないと祈りながら生きてきた。楽しいことも悲しいことも何も経験したいと思わない。誰かと揉めたり争ったりするなどもってのほかだ。人生の糧になる? 知るか。全部ストレスだ。願いは一つ、社会的接点を一切放棄して、永遠に寝床で布団にくるまっていたい……。

 こんな暗い感情を披瀝したところで会話が盛り上がるはずがなく、賛同が得られるわけでもなし、むしろメソメソうるさい奴だ、望みどおり早く消えればと思われておしまいだ。だから本書『生まれてきたことが苦しいあなたに 最強のペシミスト・シオランの思想』を読んだとき、やっとこの始末に負えない思いを打ち明けられる、と晴れやかな気分になった。助かった。自分の抱えてきた鬱屈はすべて思想家エミール・シオランが書いてくれていた。本書は、彼の人生とそのペシミズム、ニヒリズム思想を噛み砕いて紹介した、息苦しくも元気の出てくる入門書である。

 手始めにシオランの生涯をざっくりと記しておこう。生誕は1911年、ルーマニア中部トランシルヴァニア地方の小村。中産階級の家庭で育ち、14歳頃から哲学と文学の読書に耽るようになる。ショーペンハウアー、ドストエフスキー、パスカル、ニーチェ、カント等々。ブカレスト大学に進学してからは毎朝大学図書館に来て10時間ぶっ続けで哲学の本を読む生活を送った。

 また、彼は在学中から執筆活動を始め、奨学金を得てドイツやフランス・パリに留学もする。パリで、サルトルとボーヴォワールが議論のために通い詰めたカフェでサルトルの隣に座り一言も喋らず煙草の火を付ける係をしていたという逸話が面白い。