今春、8年ぶりのパリコレで、変わらぬ美しさとスタイルを披露した、世界的トップモデル・冨永愛さん。究極のシルク肌やツヤ髪、美しいボディライン。その美の秘訣をまとめた、初のビューティーブック『冨永愛 美の法則』が3月12日発売になりました。
17歳でNYコレクションにデビューし、瞬く間にアジアを代表するモデルとなった冨永愛さん。2014年から3年間の休業を経て、30代後半で世界一流メゾンのランウェイに返り咲きました。今もなお第一線で活躍する彼女の新刊では、「美しい立ち方・座り方・歩き方」など、モデルとして培ってきたノウハウはもちろん、「美肌術」「小顔ストレッチ」「美尻をつくる家トレ」「食事法」ほか、誰でも明日からマネできる美の習慣を初公開。究極の美の世界で研鑽を重ねてきた彼女だからこそ話せる「美しさの本質」が、たっぷりと収録されています。
今回は、本書の中から、冨永愛さんがランウェイや撮影の際、美しいオーラを放つために実践してきたイメージトレーニングを一部、紹介していきます。

撮影/下村一喜

美オーラをまとうイメージトレーニング

 ランウェイや撮影では、緊張感をより高めることで現れる「ちょっとした殺気」が必要。そのスピリットこそが、この世のものとは思えない美しさを生み出す。

 ランウェイを歩く前は、今でももちろん緊張するけれど、私はこの緊張感が好き。緊張からくるドキドキ感で、自分を奮い立たせることができるからだ。

  持てる限りのエネルギーを出さなくてはならないから、気持ちを持ち上げ、オーラとしてまとう。緊張感がすべてのエンジンだ。

 私がよくおこなう「オーラをまとうイメージトレーニング」を紹介しよう。

 1、深く息を吐いて、顔の表情をやわらかくする。
 2、次に、頭皮全体を後頭部にまとめるイメージをつくる。すると、表情がシュッと引き締まり、
   輝きを増すように見える。さらに口元を緩める。

 これは慣れるとできるようになる。実際、顔の形が一瞬で変わるわけではないけれど、そうすることで顔に緊張感が生まれ、独特の気配というか、オーラが出て、気持ちもピシッと引き締まる。

 これはモデルの仕事に限らず、重要な会議などの前にも応用できる技かもしれない。

 本原稿は、冨永 愛著『冨永愛 美の法則』からの抜粋です。3月12日発売の『冨永愛 美の法則』では、スーパーモデルならではの美容テクニックもたっぷり収録されています。あなたもこの春「美しい人になる習慣」を身につけてみませんか?