究極のツヤ肌、ボディメイク、食事、仕事、そして、美しくいるための「生き方」までを網羅した、世界的トップモテル・冨永愛さん初のビューティーブック『冨永愛 美の法則』
日常は「肌はすっぴんが基本」だという冨永さん。ノーメイクでも輝く美肌の秘密は「夜のビューティタイム」にありました。入浴、スキンケア、ボディケア、ヘアケアまでトータルで約1時間半をかけて磨きをかけます。
今回は、その中でも大切にしている肌の健康に欠かせない洗顔法について、本書より紹介していきます。

撮影/下村一喜 『冨永愛 美の法則』より

洗顔料はきちんと泡立てることにつきる

 きちんと泡立てずに、ましてゴシゴシ洗ってしまうと、石鹸の粒が肌に残ってしまい、肌荒れの原因にもなるから。

 泡洗顔法
 1、 固形石鹸にしても、ペースト状のものにしても、泡立てネットやスポンジで、メレンゲ状になる
   までしっかりと泡をつくる。
 2、 手のひらと顔の間に必ず泡があるように、指が肌に触れないように心がけながら、ゆっくりと円
   を描き、汚れになじませる。
 3、 気になる小鼻の脇は、小さい円を描きながら洗うやり方と、泡を弾ませやさしく押す感じを、何
   回か交互に繰り返す。
 4、 洗い流す温度は、ここでも36℃前後。入浴中の洗顔も同様。
 5、 泡を洗い流すとき、顔は決して手でこすらず、シャワーなら、お湯をやさしく肌に滑らせる感じ
   で。洗顔の倍くらいの時間をかけて丁寧に。
 6、 タオルドライは、タオルを顔にやさしく押しあてるだけ。

 ちなみに顔のピーリングは、天然成分の肌にやさしいスクラブで2週間に1回ほど。余計な角質がとれて肌がツルツルになるし、ハリが出る。

 顔は体の中でも一番皮膚が薄い部分。大事に丁寧に扱ってあげて、根本的な肌の健康を保っていきたい。

 本原稿は、冨永 愛著『冨永愛 美の法則』からの抜粋です。3月12日発売の『冨永愛 美の法則』では、スーパーモデルならではの美容テクニックもたっぷり収録されています。あなたもこの春「美しい人になる習慣」を身につけてみませんか?