家賃は最大のムダ!若くても独身でも一刻も早く家を買うべき理由
家賃を払い続けることがいかにムダなことか。知っていそうで知らない東京都区部の家賃相場を分析する(写真はイメージです) Photo:PIXTA

エントリーエリアはどこだ?
知られざる東京の「家賃相場」

 東京に越してくる人のほとんど全員が、賃貸に住んで家賃を払うことになる。その住まいを選ぶ際に最も制約になるのが予算だ。支払える家賃には上限がある。だからこそ、相場を知ることから住まい選びは始まる。

 23区の平均家賃相場は、下の表のようになる。家賃相場は都心から離れるほど安くなる。最も高い港区は、同じ面積で外周部の2倍以上の家賃になる。20、40、60平方メートルの目安で家賃を載せているが、面積が小さいほど単価は高く、面積を半分にしても半額にはならない。

 地方から最初に引っ越して来る場所を「エントリーエリア」と呼ぼう。予算の上限があるからこそ、エントリーエリアは家賃の安さに惹かれて、都区部の外周部に集中することになる。やってくる人の年齢は18~25歳に集中している。

 中でも一番多いのが23歳になる。大学を卒業して就職で上京する人たちだ。その次が19歳で、高校を卒業して大学や専門学校等への入学や就職が契機となる。そのエントリーエリアのトップ3は大田区、江戸川区、足立区だ。外周部なら、家賃と管理費は20平方メートルで6万円程で収まるからだ。

 エントリーエリアが外周部になるのは、都区部を取り囲む都下と3県(神奈川県・埼玉県・千葉県)と接するからでもある。実際、この周辺エリアからの流入が半数を占める。たとえば、神奈川県民のエントリーエリアが世田谷区・大田区になりやすいのは、都心に出る鉄道の神奈川県寄りに位置しているからに他ならない。
 
 なぜそこに住んだのかと聞くと、「実家に帰りやすい」という理由を挙げる人がいかに多いことか。埼玉県出身者なら練馬区や板橋区、茨城県なら足立区、千葉県なら葛飾区・江戸川区がお決まりのエントリーエリアになる。