同業他社に好条件で転職するときの「ベストな言い訳」
Photo:PIXTA

大人の日常生活は、微妙なピンチの連続です。適切な言い訳を繰り出して、自分を守りつつ周囲のストレスを最小限に抑えましょう。

言い訳のイメージイラスト
イラスト(石原氏)/TOMOYA イラスト(シーン)/千野エー

今月のテーマ
同業他社から声がかかって好条件で転職することに…

石原 壮一郎さん
【講師】石原 壮一郎さん
1963年三重県生まれ。日本の大人シーンを牽引するコラムニスト。『大人力検定』『大人の言葉の選び方』『家族史ノート』など著書多数。

 今の会社は、かなりの安月給。ひそかに転職活動を続けていて、運よく同業他社に行くことになりました今より大手で、給料もそこそこアップしそうです。

 それは嬉しいのですが、転職のことを同僚にどう告げればいいのか。同じ業界だけに、今後またどういう形で接点があるかわかりません。ここは、うごめく嫉妬を巧みにかわす無難な言い訳を繰り出しておく必要があります。

 どう告げればいいのか。同じ業界だけに、今後またどういう形で接点があるかわかりません。ここは、うごめく嫉妬を巧みにかわす無難な言い訳を繰り出しておく必要があります。大切なのは、最大の理由であり、誰もが察知している給料の違いには触れないこと。それ以外の理由をこじつけましょう。「あの会社に知り合いがいて、たまたま俺がやってみたい分野で人を探しててさ」と、仕事の内容を口実にするのは、手堅いかわし方のひとつ。実際はまったく同じ仕事をする場合も、こう言ってぜんぜんかまいません。「妻の母親が占いに凝ってて、西の方角にある会社に転職しないと不幸になるぞって、何年も前から言われててさ」と、やや行き過ぎたオカルト話に救いを求める手もあります。