Photo:PIXTA

「座りがちな生活は、喫煙するのと同じくらい健康に悪い」。最近、こんなフレーズを耳にする機会が増えている。そうした中、米南カリフォルニア大学生物科学教授のDavid Raichlen氏らの研究から、アフリカのタンザニアで狩猟採集生活を送るハッザ族でも、1日のうちで身体を動かさずに過ごす時間の長さは、先進国の人々と大差ないことが明らかになった。

 ただ、彼らは、椅子に座って過ごしているわけではなく、しゃがんだり、ひざまずいたりする姿勢をとる時間が長かったという。研究結果の詳細は、「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」3月9日オンライン版に発表された。

 最近、座位時間の長さは2型糖尿病の発症や死亡といった健康リスクと関連するという研究結果が相次いで報告されている。そこで、Raichlen氏らは今回、座りがちな生活を続けると健康状態が悪くなる原因が、身体活動量の少なさに起因するのか、あるいは別の原因によるのかを明らかにするため、狩猟採集民族のハッザ族を対象とした研究を行った。

 研究では、参加に同意した18~61歳のハッザ族の男性16人、女性12人の計28人に、太ももに活動量計を8日間装着してもらい、1日の活動量を調べた。また、血糖値と脂質値も測定した。なお、研究期間中、ハッザ族の人々の食料の97%は、自分たちで採取した植物や捕獲した野生動物が占めていた。

 その結果、ハッザ族は、先進国の人々と比べて1日の身体活動量がかなり多いものの、身体を動かしていない時間も1日当たり平均9~10時間あり、先進国の人々と変わらないことが分かった。一方、心疾患などの慢性疾患のリスクは、先進国の人々と比べると低かった。また、ハッザ族は、身体を動かしていない時間のうちの約18%はしゃがみ、12.5%はひざまずいており、椅子にはほとんど座っていないことも明らかにされた。