「おっさんはメンツが8割」
という会社員のルール

岩瀬大輔さん
岩瀬大輔(いわせ・だいすけ)
ライフネット生命保険株式会社創業者 1976年埼玉県生まれ。1997年司法試験合格。1998年、東京大学法学部を卒業後、ボストン コンサルティング グループ等を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で修了(ベイカー・スカラー)。2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げ、2013年より代表取締役社長、2018年6月より取締役会長に就任。同年7月より18カ国の国や地域に拠点を有するアジア最大手の生命保険会社であるAIAグループ(香港)に本社経営会議メンバーとして招聘される(いずれも2019年退任)。著書は『入社1年目の教科書』(ダイヤモンド社)、『ハーバードMBA留学記─資本主義の士官学校にて』(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』『がん保険のカラクリ』(共に文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』(文藝春秋)など多数。

岩瀬 『これからの会社員の教科書』にあった「おっさんはメンツが8割」という項目は、興味深かったですね。

田端 この先、給料が下がりも上がりもしない“おっさん”は自尊心を守ること、すなわち「メンツ」が、めちゃくちゃ大事なんです。これは「ガバナンス論」全般なんですけど、結局、働いているのは生身の人間ですから、「企業価値」という非常に抽象化された概念を押し付けられたところで、社員に周知されにくい。じゃあ、社員はどこに価値を見出すかといったら、自尊心を守ることに尽きると。

岩瀬 なるほど。ビジネスの現場においての自尊心って何ですか?

田端 「自分は価値がある」と思わせたいということです。

岩瀬 みんなから褒められるとか…。
田端 根回しもそうですね。彼らを無視して、無価値にしちゃいけないということですよね。例えば直属の上司を無視して他部署の上司に話を通す、というのは、会社員として非常にマズイ。根回しはすごく大事です。

岩瀬 そういえば、過去にその根回しを怠って、大失敗したことがあります。某取引先の上層部から、「岩瀬くんにはどんどん革新的なことをやってほしいから、困ったことがあったら僕に何でも相談して」と言われたことがありまして、それを鵜呑みにしてしまったのです。

田端 ありがちですね(笑)。

岩瀬 その会社の案件で、進捗が滞っていた案件があったので、僕が直接その上層部に相談して、「よし、岩瀬くんわかった!」となった。

田端 ありゃりゃ……。

岩瀬 後日、部下が、先方の担当者に会いにいったら、「お宅の上の方が、うちの上にかちこんだらしいですね」言われてしまい、空気は最悪なことに…。かえって案件が滞ってしまったんですよ。

田端 ああ……。それは1クッション根回しが必要でした。
例えば、事前に、部下から担当者に、「うちの岩瀬から、お宅の大将にかくかくしかじかみたいな話が今度あるみたいなんですけど」みたいなことを耳打ちしておくだけでも、随分状況は違ったように思います。

岩瀬 おっしゃるとおり、完全に僕の段取りミスでしたね。