ソフトバンクの大いなる賭け、次は自社株
Photo:Reuters

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 ソフトバンクグループ(SBG)は近年、ハイテク企業への巨額投資を進めてきたが、成果はまちまちだった。今回打ち出した自社株買いに向けた主要資産の売却は、より良い結果をもたらしそうだ。

 SBGは最大4兆5000億円の資産を売却し、調達資金を自社株買いや債務償還に充てる方針を明らかにした。2週間前に発表した5000億円の自社株買いを含め、最大227億ドル(約2兆5000億円)をつぎ込み、株式の約4割を買い戻す。23日の東京市場で、同社株価は19%急伸し、値幅制限いっぱいのストップ高となった。

 今回の措置により、SBGの純資産価値に対する株価の大幅なディスカウントは縮小するだろう。ディスカウント幅は足元の市場混乱により、著しく広がっていた。23日の発表前、SBG株価はたった1カ月間で半減した。同社が株式を保有する主要上場3社の合計資産価値(中国アリババグループの株式25%、米携帯電話サービス大手スプリントの株式84%、日本の携帯子会社の株式66%)の同期間における下落率は14%にとどまる。

 SBG株の価値は23日の大幅上昇後も、550億ドルの純債務を加味すれば、これら3社の合計資産の半分にも満たない。比較対象の資産には、英半導体設計大手アーム・ホールディングスやビジョン・ファンドといった非上場の投資先(SBGは価値を計630億ドルと評価)は含まれていない。

 SBG株は長らく、保有資産の価値を下回って取引されてきたが、このような大規模な資産売却は予想されていなかった。自社株買いに使われなかった調達資金については、社債の買い入れや債務償還に充てられる。これを受け、このところ急上昇していた社債利回りも押し下げられるだろう。SBGは金融市場の混乱を受け、最大200億ドルの自社株買いを主張していたアクティビスト(物言う株主)、エリオット・マネジメントの要求に応じざるを得なくなった。

 SBGは価値破壊をもたらす取引からも一部で手を引こうとしている。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は先週、予定していた米シェアオフィス大手ウィーワーク救済策を巡り、SBGが一部を撤回する方針を示唆したと報じた。

 現在の市場環境で、SBGが多数の資産を望ましい価格で売却することが困難なことは間違いない。だが、向こう1年かけて資産売却を行うと表明したことは、市場が落ち着いたときに株式の簿価に対するディスカウント幅の縮小につながるだろう。

 SBGの株主はこの英断を歓迎すべきだ。異例の状況では異例の措置が求められる。

(The Wall Street Journal/Jacky Wong)