感動のラストから一転、怒涛のゴリ押しマーケティングで大炎上してしまった「100日後に死ぬワニ」。信じられないような雑な話だが、つい3カ月ほど前に炎上してディズニーが謝罪に追い込まれた「アナ雪2」のステマ騒動や、最近の東京五輪延期騒動もよく似た構図で失敗している。(ノンフィクションライター 窪田順生)

感動から一転
「転売ヤー」も死屍累々

「100日後に死ぬワニ」の1コマ
多くの人を感動させた「100日後に死ぬワニ」。大炎上してしまったが、作品自体には何の罪もない (きくちゆうき氏Twitterより)

 いったいどこまで「暴落」してしまうのか――。

 時節柄、「え?またNY市場が下落したの?」なんて心配になってしまう方も多いかもしれないが、コロナショックの話ではない。

 100日後に死ぬ運命を知らぬワニの日常を描き、マスコミでも大きく取り上げられたTwitter4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」。その人気を受けて発売された限定グッズの未使用品が、やはりというかメルカリで転売されているのだが、その売れ行きがあまり芳しくないため、価格が下落しているのだ。

 例えば、25日現在、定価3300円のタワーレコード限定の「100日後に死ぬワニ Tシャツ」の未使用品が8800円で出品されていたのだが、買い手はゼロで、問い合わせさえ寄せられていない。

 また、そこまで大きく値段を上乗せしていないのに買いたたかれるケースも出ている。原宿の某ストリートブランドとコラボした定価7000円のTシャツに9980円という値付けをした出品者は、購入希望者から「2000円が妥当」などと指摘されて値下げに応じている。今の調子でいけば、「定価割れ」もある勢いなのだ。

 そんな死屍累々の転売市場を受けてSNSでは、「100日ワニバブル」が来ることを見越して限定グッズを買い込んだ「転売ヤー」のみなさんが「爆死」しているに違いないと高笑いする声であふれている。

 では、なぜTwitterトレンドランキング世界一にもなった「ワニくん」の市場価値が急速に低下してしまっているのかというと、「この100日、生きるということについて考えさせてくれてありがとう!」と感傷にふけっていたファンに、アイスバケツチャレンジばりに頭から氷水をぶっかけるようなことになった「風評」によるところが大きい。

 そう、「電通案件」である。