Photo:NurPhoto/gettyimages

新型コロナウィルスの猛威により、世界50カ国以上、筆者も含め約26億人にのぼる自宅隔離者(24日AFP試算)にとって、外出禁止令は、性生活も含めたスキンシップやカップルの在り方を再考する絶好の機会になります。ここフランスでも、タッチレス、テレセックス、間接セックス、動画パンデミック、コロナスートラ、離婚リスク……こうした発言や議論がメディア等を通じ専門家や市民の間で高まりつつあります。(Nagata Global Partners代表パートナー、フランス国立東洋言語文化学院非常勤講師 永田公彦)

毎日欠かせないスキンシップが減る

 欧米を中心に世界の多くの国・地域では、挨拶時やお別れ時にスキンシップが欠かせません。特に、握手、親しみや愛情を示すハグ、そしてビーズ(特にフランスとイタリアに多い、互いに両ほほにキスする挨拶)です。当然これらスキンシップは、手で相手の手はもとより、顔も含め多くの部位に触れる濃厚接触なため、新型コロナに限らず感染病が広がるリスクが増します。

 こうした中フランスでは、感染者数の拡大に伴って政府から対人距離の確保(最低1メートル)、頻繁な手洗い、握手やハグを避ける等の通達が出るに従い、国民的習慣といえるスキンシップが減りつつあります。