「糖質を摂取しなければがんが小さくなる」、
「にんじんジュースには抗がん作用がある」、
「血液クレンジングはがん予防に有効」……。

インターネットにあふれているこのような話は、明確な効果が期待できません。しかし、これらを信じてしまい、怪しい業者に大金を払ってしまったり、病院で治療を受けるのをやめてしまったりして命を危険にさらす患者さんが後を絶ちません。

国民の2人に1人が生涯のうち一度はがんになる時代になり、がんは身近な病気になりました。しかし、がんについて学ぶ機会はほとんどありません。仮にがんと告知され、心身共に弱り切った状態でも、怪しい治療法を避けて正しい治療法を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。

4/2に発売予定の新刊『世界中の医学研究を徹底的に比較して分かった最高のがん治療』は、このような「トンデモ医療情報」の被害を抑えようと情報発信をしている3人の医師・研究者が書いたがんの解説本として、発売前からすでにSNS上で大きな話題になっています

医療データ分析の専門家である津川友介UCLA助教授、抗がん剤治療のパイオニアである勝俣範之日本医科大学教授、がん研究者である大須賀覚アラバマ大学バーミンガム校助教授の3人が、それぞれの専門分野の英知を詰め込んで、徹底的にわかりやすくがんを解説。読めば必ず正しい選択ができる一冊に仕上がりました。

本書の刊行を記念して、本書の内容および、津川友介氏、勝俣範之氏、大須賀覚氏による発刊前に行われた講演を再構成した記事をお伝えします。(構成:野口孝行)

Photo: Adobe Stock

ビタミンB12サプリを飲み続けた
乳がん患者は抗がん剤の効きが悪かった

 第3回では、ケトジェニック・ダイエットをはじめ、現時点で確実にがんを治す、もしくは進行を遅らせる食事法は見つかっていないことを説明しました。

 今回は、サプリとがんの関係について調べた研究をご紹介します。ネットではさまざまなサプリががんに効くとして紹介されています。

 しかし、過去の研究報告を検討する限り、がんを縮小させたり、進行を遅らせたりすることが、科学的にしっかりと確認されたサプリはありません。それどころか、抗がん剤の働きを邪魔する可能性があることが最近の研究によって示唆されています

 乳がん患者を対象に、サプリメントを採った人とサプリメントを採らなかった人の状態を観察したデータ(図表1)を見てみましょう(*1)。

図表1 ビタミン12サプリを摂取すると乳がんの抗がん剤効果を弱める可能性がある
出典:*1より筆者ら作成

 いちばん下の丸い点線は、抗がん剤治療をする前からサプリメントを飲み始め、治療中も飲んでいた人の結果です。一方、薄いグレーの実線は、サプリメントを一切飲まなかった人の状態を表しています。縦軸の無病生存率を見ると、サプリメントを飲んでいる人のほうが乳がんの再発率が高いのがわかると思います。

 1つの研究結果があるだけなので、まだ確定的なことは言えません。しかし、ビタミンB12などが、抗がん剤ががん細胞を壊すときに起こすサイクルを抑制してしまうのではないかという仮説が唱えられています

 このように、サプリの摂取は抗がん剤の効果を弱めてしまうかもしれないので、抗がん剤治療を受ける方は、サプリメントの摂取について担当医に相談してください。私の現時点での見解としては、中止を検討すべきだと思います。

 新刊『世界中の医学研究を徹底的に比較してわかった最高のがん治療』には、がんに関する研究をわかりやすくまとめています。ぜひご覧ください。

参考文献
*1 Ambrosone CB, Zirpoli GR, Hutson AD, McCann WE, McCann SE, Barlow WE, Kelly KM, Cannioto R, Sucheston-Campbell LE, Hershman DL, Unger JM, Moore HCF, Stewart JA, Isaacs C, Hobday TJ, Salim M, Hortobagyi GN, Gralow JR, Budd GT, Albain KS (2019) “Dietary Supplement Use During Chemotherapy and Survival Outcomes of Patients With Breast Cancer Enrolled in a Cooperative Group Clinical Trial (SWOG S0221),” J Clin Oncol: JCO1901203.