『週刊ダイヤモンド』4月4日号の第1特集は「健康診断のホント」です。皆さんおなじみの「けんしん」には「健診」と「検診」があります。健診は健康状態をチェックするもの、検診はがんなど特定の病気を早期発見するためのものです。これら「けんしん」のホントを知り、賢く受診する法をお伝えします。後でオロオロしたり、後悔したりすることのないよう、自分の体を正しく守りましょう。

【覆面座談会】現役医師が教える
後悔しない人間ドックの受け方

Photo:PIXTA

 嬉々として健診・検診を受ける人はあまりいない。たいていは渋々だ。それだけに誤解や勘違いが結構多い。健康保険組合や企業が契約する人間ドック・健診センターに勤務する現役医師3人に、「検査」についてぶっちゃけトークを展開してもらった。

【参加者プロフィール】

 A氏(都内健診センター勤務・50代男性)
 B氏(都内健診センター勤務・40代男性)
 C氏(都内人間ドック勤務・30代女性)

──健康診断、人間ドックの受診者にありがちな誤解は何かありますか?

 例えば人間ドックが2~3週間後に控えている人がいるとします。その人が「ここ数日、体のどこそこがおかしい」と異変を感じていても、「すぐに病院へ行こう」とはなりません。「しばらくすると人間ドックがあるから、ちょっと待って調べてもらおう」とだいたい考えますね。

 そもそも人間ドックや健診、検診というのは、あくまで症状のない人の病気リスクを見つけるのが目的です。この点はかなり誤解されていますよね。